にんにく卵黄は我が国の南の地方に伝わる家庭料理です

にんにく卵黄とは、健康に良いとされる2つの食材を組み合わせた食品のことで、元々は我が国の南の地方で古くから食されてきた家庭料理です。にんにくは紀元前に大陸から我が国に伝来してきた食材ですが、宗教上の理由から摂取量が著しく減少していました。その宗教的な理由とは匂いの強い食材を摂取することを禁ずるという教義です。そのような中にあっても、我が国の南の地方では昔からにんにくを食する習慣がありました。そして、にんにくと同様に栄養価の高い食品として知られる卵黄を練り合わせて作られるようになったのがにんにく卵黄です。

本来はカプセルに詰められることもなく、ご飯とお供として食されてきました。にんにくと卵黄を鍋で水分が完全になくなるまで練り上げ、何日も天日干しにして、小さな球状するのが本来の調理方法です。にんにくと卵黄という2つの栄養価の高い食材を、ひとつにして食することに目を付けた健康食品会社では、にんにく卵黄をカプセルに包み込み、サプリメントとして販売を開始しました。効果効能は、血液がサラサラになる、中性脂肪やコレステロール値を低下させる、ウイルスの活動を抑制する殺菌効果がある、便秘を解消するなどです。元来、にんにくも卵黄も消費者の間では栄養価の高い食品であると認識されていることから、にんにく卵黄という実に直線的なネーミングが消費者の心をとらえ、テレビのオンラインショッピングの効果もあって、今では全国にその名称が認知されるようになりました。

健康食品各社では、カプセルに包み込むことで、にんにくの持つ独特の匂いを封じ込めています。また、各社では他社との差別化を図るために様々な工夫をしています。パッケージについては、2つの食材の写真を載せ、健康に良いことをストレートにアピールしている会社もあれば、2つの食材をイラスト化し、にんにくの持つ匂いのきつさを消費者にイメージさせないようにしている会社もあります。また、パッケージには食材の写真やイラストを一切載せず、効果効能を謳うことで販売促進に繋げようとする会社も見られます。健康食品業界では、これまでにも既存の食品をカプセルに詰め込んで、サプリメントとして市場に送り込んできましたが、その際に必要となるのは他社との差別化です。にんにく卵黄でも、各社はパッケージ以外にも他社との差別化を図っています。今では、全国的にも有名なブランド鶏の卵を使用する健康食品会社も出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*